歯医者の仕事

幅広い治療をおこなう歯医者

通常、「歯医者」へは何らかの症状を訴えて通院します。歯が痛い時など、症状が発生してから治療を受けるケースがほとんどです。一般的に開業している「歯医者」は、一通りの治療を行なうことができます。虫歯治療から入れ歯、歯周病等幅広い治療を受けることができます。多くの方の場合、開業の歯医者に通院します。 一方、大きな病院や大学病院などでは治療内容によって、訪れる「科」が異なります。歯が痛い場合には、歯周病科・口腔外科での治療になります。歯茎の腫れやぐらつく場合には、「歯周病科」で受診します。親しらずの抜歯や口中の病気治療には「口腔外科」で治療を受けます。また、近年需要が増加する「歯の審美的な治療」は、審美歯科で治療がおこなわれます。 開業医や大学病院等、それぞれに長所があります。通常の治療なら開業している「歯医者」でよいでしょう。しかし、症状が進み、専門的な治療が必要な場合は大学病院等に通院することが必要です。自分に必要な治療を受けられる「歯医者」を選ぶことが大切です。

専用ケア商品を上手に取り入れよう

「歯医者」を訪れるのは、歯が悪くなった場合ではありません。近年では、「予防歯科」が普及してきました。多くの「オーラルケア」商品が出回り、自宅でできる予防ケアに重点がおかれるようになってきました。また「歯医者」では、虫歯や歯周病予防に最適なケア商品が販売されています。一般的に出回っていない商品のため価格は高めになりますが、非常に効果が高いものばかりです。虫歯予防に必要なキシリトール100%ガムや歯科専用ブラシ、舌専用ブラシ等より予防歯科に対応した商品が販売されています。 「歯は健康の基本」と言われる今日、様々な取り組みが行なわれています。自分で予防できるものから歯医者での治療まで、症状によって異なってきます。普段のケアに気をつけ定期的に歯医者で検診をおこない、自分の歯を健康に維持していきましょう。

Copyright© 2015 歯科クリニックの施術|ビューティートゥースを得る方法All Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com